ローラー台、買いました

トレーニング
5
(3)

ローラー台を購入しました。

自転車を始めた1年前は、寒くても元気に外を走り回っていましたが(代わりに足の指が凍傷気味になりましたが)、今年は特に寒いので、なるべく外に出たくないですし、自転車通勤が出来なくなったため、平日乗る機会が激減しました。

地域のイベントで、ローラー台に乗ったり、ズイフトをやったりしたことはあります。ズイフトは楽しいのですが、スマートローラーを買う予算はないため、最低限の負荷の切り替えがあるローラー台を買いました。(ブランド品ではなく、格安品ですが)

ローラー台のいいところ

・寒すぎず、暑すぎない、雨の降らない、風が吹かない室内で自転車が漕げる

・一定の負荷をかけて、好きなだけ漕げる

・自分の決めた練習メニューが出来る

・着替えなくてよい。ヘルメットがいらない。目をつぶっていても、スマホを見ていても、事故らない

私としては、着替えないのが一番の利点ですね。ロードバイクは、格好にこだわれば、準備に時間がかかります。簡単に引き返せないので、持ち物をいろいろ考えなければいけませんが、パッド付パンツを履くだけで、上半身裸でもOKです。着るものかぶるものは、汗をかくので洗濯物が増えますが、それも最小限で済みます。

事故は起こさないので、家族も安心ですね。

ローラー台はどちらかというと、負荷がかかりますので、平地走行というよりヒルクライムに近い走りになります。惰性では進まないので、常に負荷のかかるレースやヒルクライムの練習にもってこいですね。レース前のアップに使用する人も多いのはうなづけます。

ローラー台の悪いところ

・景色が変わらない

・休めない(惰性で進まない)

・自転車が固定されていて、バランスを取らなくてよい

最初は楽しいのですが、5分で飽きます。どちらかというと、始めて15分や30分が何かやめたい気分になります。そこを過ぎれば、何となくやり続けることが出来そうです。

まだ長時間やったことが無いので、これからどのように飽きずにやるか、何をしながらやると続けられるのか、研究したいと思います。

とりあえず今は、15分程度は、無理せず、足を止めたり強く回したり、変化を付けながらやると、何とか続けられるかな?と思っています。

Amazonでローラー台を検索

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 3

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました