レイザー ブレイド+AF(ロードバイク ヘルメット)を購入しましたので、感想を言います

アイテム
5
(2)

LAZER BLADE PLUS AF(アジアンフィット)を購入しました。
メインでは、レイザージェネシスAFを使用していますが、もう一つ普段使いにするヘルメットが欲しかったので、購入してみました。

使ってみた感じは、実売1万円を切るヘルメットにしては、レースでも普段使いでも十分通用出来ます。
何より、かっこが良く、質感も2万円以上のヘルメットに引けを取りません。

新しいヘルメットを購入する経緯、ヘルメット選び、使ってみた感想を書いてみました。

スポンサーリンク

練習用のヘルメットが欲しかった

今までは、マビックのヘルメットを練習に使っていました。3年前にアマゾンで3800円で購入し、使い心地は悪くなかったのですが、若干重く、製造年より7年くらいたっており、何より完全にキノコちゃんになってしまうので、早く新しいヘルメットが欲しかった次第です。

メインとしては、LAZER GENESIS AFを持っており、軽量のため、レースやヒルクライム、ロングライドではこちらを使います。

ロードバイクを始めた当初は、装備が揃っていないため、一通り買い揃えるのに苦労しました。しかし、乗る量が増えてきて、消耗が激しくなってきた為、いいものを普段使いにしてしまうと、もったいないという気持ちが強くなり、練習などでは消耗しても良い、練習用を買いそろえています。
ウエアやグローブやシューズもそうですが、タイヤも使い分けるようになってきました。

お手頃のヘルメットを調べてみた

通販では、3000円くらいから、ノーブランドのヘルメットは売られています。安全性は問題ないと思いますが、かっこが悪いというのもあり、ある程度のブランド品から選びます。

KASKなどの超有名なおブランド品は、2万から4万円が当たり前で安くても1万円後半であるため、予算的には除外です。今回は、1万円を切るモデルから探しました。
軽量モデルは持っているので、エアロヘルメットも欲しかったのですが、安価な物はなかったので、普通のオールラウンドタイプのヘルメットになります。

最初に上がった候補は、やはりというか、OGK カブト REZZA2などです。日本のメーカーでもトップブランドであり、安心感、割安感のほか、日本人の頭の形を考えているというのも、選ぶのには十分な理由になります。
ただ今回、私が選ばなかった理由は、「みんな持っている」ということです。使っている人が多いので、差別化が難しいところです。

そこで見つけたのが、レイザーブレイドプラスAFです。
見た感じは、派手なデザインではありませんが、先進性はあり、おじさんでもかっこいいという感じです。
レイザーは一つ持っているので、違うメーカーが良かったのですが、逆に装着感は問題ないですし、失敗は無いと考えました。
なにより、今回購入したカラーが気に入ってしまいました。この色でなければ、他のヘルメットとそれほど差が無い感じですので、このカラーが無ければ選ばなかったかもしれません。

Amazonにはこの色は無かったのですが、楽天市場で見つけました。
このショップは、在庫や納期が書かれていなかったので不安でしたが、問い合わせをしたところすぐに在庫があるとの返事があり、即日発送してくれたり、慌てて注文して発送先を間違えたのもすぐに修正してくれたので、非常に助かりました。

JCF付いてる
後ろもシートが貼ってある

LAZERとは?

レイザーは、ベルギーのメーカーであり、100年以上の歴史があります。現在はシマノに買収されており、シマノのホームページの中からも検索できます。
ツールドフランスにも出ているユンボビスマチームも使用しており、国内プロチームでも、シマノレーシングはもちろん、ブリッツェンも使用しているヘルメットです。

創業100年を迎えた自転車大国ベルギーのヘルメットブランド「LAZER」
自転車大国ベルギーにて創業100年を迎えたヘルメットブランド「LAZER」の自転車用ヘルメットをご紹介しています。

スペック

サイズはS(52~56㎝、260g)、M(55~59㎝、290g)、L(58~61㎝、310g)です。
軽量ではありませんが、フィット感は良いので、それほど首に負担は感じません。
私は、Mサイズを購入しましたが、重量は286gなので、だいたいあっています。

頭を締めるのは、後頭部下のダイヤルは無く、頭頂部に横に回すダイヤルがあります。右手の人差し指でなぞると締まったり緩んだりできます。
また、締まる部分は、後頭部下の方に張り出したワイヤーが全体的に縮んでいくので、優しく全体的に包んでくれます。(アドバンスドロールシス)
このワイヤーの出っ張り量も調整できるので、よりうなじに近い位置からも締められますし、サイクルキャップや髪の毛が邪魔になりそうであれば、ひっこめることもできます。

オプションで心拍計やリアライトが付くようですね。ギミック好きにはいいかもしれません。

新しいモデルではないため、価格もかなりこなれてきています。
このカラーは限定の様で、現在は見つけることが出来ないかもしれません。

頭頂部のダイヤルを回すと、頭が締まる
ここを動かすと、後頭部のワイヤーの出っ張り量を調整できる
後頭部ワイヤーを一番下げた状態
一番上げた状態

宇都宮ブリッツェンは、最上位モデルではなく、このモデルもレースで使用しています。

ブリッツェンがジャパンカップで着用したレイザー Blade AF プロから見たエントリーグレードとは - LAZERヘルメット・インプレッション Vol.2
ジャパンカップという大一番で宇都宮ブリッツェンが着用したレイザーのエントリーグレードヘルメット「Blade AF(アジアンフィット)」。あえてハイエンドを使用しなかった理由、率直なインプレッションをブリッツェンの鈴木譲と阿部嵩之に伺った。プロから見るエントリーグレードの真価とは如何に。

着けてみた感じは?

私の頭囲は56㎝くらいですが、Mでもゆるめです。直接かぶると、一番締めた状態でもきつくありません。ただ、サイクルキャップをかぶったり、バンダナを中にすると、ちょうど良い感じです。
また、締めるワイヤーを下の方に下げることで、頭全体を包む感じで、よりしっかり頭を押さえ、ずれる感じはありません。
この調整ワイヤは、出したり引っ込めたりするのが、固くて壊れそうなのですが、一応調整できます。
痛い部分は全くなく、ぴったりがいいという人以外であれば、楽にかぶれますし、サイクルキャップや髪形にも対応できる、オールラウンド的なモデルです。

このかぶり心地は、上位モデルのジェネシスAFとほとんど同じで、重さとデザイン以外の機能は、そん色なく、こっちでいいんじゃないの?と思うくらい、機能はそろっています。

安いモデルは、後頭部の方などは素材の発泡スチロールが丸見えの部分が多かったりしますが、これは、表面は全面に樹脂シートが貼っていますので、そういう安っぽさはありません。

一番大事なキノコ感もありません

走ってみたインプレッション

早速着けてロードバイクに乗ってみました。

重さは軽いという感じはありませんが、重いという感じもなく、首の疲れもそれほどありませんでした。

キチンと締めれば、ずれは全然なく、緩みも痛みもなく、非常に快適で、問題ありません。

通気孔は22個あるのですが、風の抜けは上位モデルのジェネシスの方が良いですね。あまり空気が入ってくる感じはありません。蒸れなどはありませんが、内側の構造を見ると空気の通り道が少ない感じです。
ただ、逆に風が入ってこない方が、冬でも使いやす気がします。

不満点ですが、あごひもの幅が広くて硬いことです。あごを引いたり、エアロフォームをすると、のどに刺さる感じがあります。紐がゴワゴワして、痛いです。ジェネシスは紐が薄くて幅も狭めで柔らかい材質です。

100kmのロングライドもしてみましたが、首は疲れないので、重さは問題ないと思います。
あごひもも緩めでうまい位置に来れば当たりません。その内汗で柔らかくなるかもしれません。

ヘルメットは消耗品

ヘルメットは、3年くらいで交換が目安と言われています。素材の発泡スチロールが硬くなり、衝撃を受けたときに力が分散せず、直接頭に力がかかってしまうらしいです。

予算のある方は、気に入ったヘルメットをどんどん買ってもらってよいのですが、落車してしまうとそれで終わりですし、洗濯して使っていると、内側のクッションもボロボロになってくるので、お手頃価格でも良いデザインがたくさん出ていますので、いくつか揃えておくのも良いかと思います。

ヘルメットコレクターは結構います。頭は一つなので、キングギドラにでもならない限り、1度のライドでかぶれるのは1つだけなのが残念です。(笑)

Amazonで「レイザーブレイド+ヘルメット」を探す

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 2

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました