初めて、ロードバイクで200kmを走りました

サイクリング・ポタリング
4.6
(12)

ロードバイクで、200 km 走ってきました。
先日藤沼湖クリテリウムに出場するため下見として藤沼湖まで自走で行く計画を立てました。
片道75 km、往復150 km ですし、藤沼湖を練習でぐるぐる回ると160kmぐらい走ってしまいます。
今までの最高ライドは130 km 程度だったのでこれを機に200km以上走ろうと考えていました。

まず200キロ走るには10時間程度走ることになりますので、時間を確保しなければなりません。朝8時に出て行くと夜8時になってしまう可能性があり、そうすると家を長く空けることになってしまうので、なるべくそれは避けたいと考えていました。そうなると、朝早く起きて行くしかありません。今までも、ロングライドをするために朝早く起きる努力をしていたのですが、何度も起きられなくて、うまくいきませんでした。しかし、やっとこの日は朝4時に目を覚まし、お風呂掃除をしてから出発の準備をし(家事は手抜きできません)、5時に出発することができました。奇跡です。

出発

矢板市から国道4号線でまっすぐ白河市を経由し、須賀川市にある藤沼湖に向かって行くのが一番最短なのですが、国道4号線は普段交通量が多く、那須塩原周りも考えてみました。しかし、那須塩原はアップダウンがあり、栃木県から福島県へ抜ける道がないため、諦めて国道4号線を走りました。
しかし、朝早かったため交通量は意外と少なく、非常に快適に走ることができました。

多少の追い風はあったため、登り基調でも問題なく進み、途中撮影などもして、2時間ちょっとで白河市街に入りました。
そこから国道294号線へ入り、北西方向へ進路を取ります。ここで一旦コンビニで休憩、ソフトクリームとおにぎりを食べました。
ここからは、山間の道に入っていきますので、多少のアップダウンはありますが、道はきれいで走りやすく、サイクリストも10人ぐらいすれ違いましたので結構みんな走ってる場所なのかなあと、思いました。

今回は、ブライトンAero60でナビを設定していたのでかなりスムーズに行けたと思います。

藤沼湖の近くまで行くと、公園への看板がありました。ここを曲がって坂を登れば藤沼湖の着くのですが、この坂がまあまあきつく、藤沼湖に着く前に結構足を使わされました。

藤沼湖
ここまでは、問題なし

200km走るには、どっちへ進む?

さて、本来の目的の藤沼湖の偵察は完了し、距離は80 km程度走りました。時刻はまだ10時ですので、時間は十分にありそうです。
ここで、200km走る計画を立てることにしました。

ここから西の山へ入っていって、南会津、鬼怒川を抜けて行く方法もありますが、獲得標高が2000mいきそうですし、途中リタイアすると交通機関が全くないので遭難してしまいそうです。
初めての200kmなので、やはり街中を走ることにしました。

ここから須賀川の市街地を抜けて、石川町や浅川町を抜けて行けば、200キロになりそうです。
再出発する前に、先ほど買った5個入りクリームパンをいくつか食べ、リアルゴールドゼリーを飲みました。

ほどなく100 kmを超えました。ここまではいつも走っているので、問題ないでしょう。ただ、何となく足が重くなった感じがしましたし、太ももに痛みがあるような気がします。
確かにいつも100kmは走っていますが、最後はヘロヘロになって帰ってくるので、よく考えると、楽に走っているわけではありませんでした。

ダイエットもあり、補給は最小限にしようかと思いましたが、サイコンの表示では、すでに2000kcal消費していることになっています。ここまで、1000kcal程度補給していますが、ハンガーノックになっても困りますし、甘いものは食べていますが、塩分が少なく、きちんとした食事もした方がいいと考え、途中で食事をすることにしました。

須賀川市街を抜けた福島空港へ向かう道に、ショッピングモールっぽいところがあったので、そこにあったラーメン屋で冷やし中華と唐揚げご飯のセットを食べました。ロードバイクは地球ロックをしていたのですが、取られるかもと思いながら、ドキドキしながら食べてました。

今日の気温はそれほど高くなく曇りだったので過ごしやすいのですが、湿度が結構低いせいか、汗も乾きやすく、サラサラです。しかし、汗はしっかりかいているため、ラーメン屋さんでご飯にふりかけをかけたり、冷やし中華のスープもまあまあ飲んで、塩分を補給しました。(スポーツドリンクは飲んでます)

そこから南へ向かって走り出しましたが、南からの向かい風で、かつ栃木県の県境までやや上りです。なので、行きに比べてかなりスピードが出ません。先ほどから足の違和感は、両ももが痛くなるまでになってしまい、足をかばうためにどっかり座ってしまうと、今度はお尻が痛くなります。悪循環で、足とお尻をかばうと、手が痛くなってきます。
結局自転車に触れているすべてが非常に痛くなり、ぎこちない漕ぎ方になってしまいました。

行きの途中の那珂川
帰りは全く余裕がなく、写真は一枚も取っていません

結構、足がやばいことになっている

思ったような走りができず、気持ち的にもだいぶ滅入ってしまい、新白河駅まで行って輪行で帰ろうかなと考え始めました。そのために輪行袋を持ってきています。
でも、白河市まで行けば、あとは栃木県へ越境するだけで、栃木県に入ってしまえばあとはなだらかな下りになっていくはずです。
とりあえずあまり細かいことも考えられなくなったので、最短コースで帰ることにしました。
最短コースですと、地図で調べたら185kmくらいです。200kmは断念するしかなさそうです。

疲れ、痛みが目立ち、休憩も増えました。コンビニがあると寄ってしまい、2回ほど休みました。ジュースを飲んだり何かしら食べてごまかそうとしました。とうとうエナジードリンクのモンスターにも手を出しました。
ただ、なんだかんだ食べているので、カロリーオーバーな気がします。アーモンドなどのナッツを買ってちょっとずつ食べることにしました。塩味も効いてますしね。

この辺は2回程度走ったところがある道で、とりあえず南湖公園を目指して、国道294号線で栃木県に入る予定です。
帰りはサイコンのナビを設定していません。サイコンはナビを設定するにはスマートフォンで作ったナビをルートを転送してナビスタートしなくてはなりません。そのためにはサイコンを一度ストップして保存してやらなければなりません。せっかくスタートからルートを記録し続けてきたのは、200kmの表示させたかったためですから、サイコンをストップするわけにはいきませんでした。
そのため、ルートはスマホの地図を見て確認しながら帰っていきます。サイコンも地図と現在位置なら表示できますので、多少は頼りになります。ここから最短コースで帰ることにしましたが、スマホのルート検索では、15 kmほど足りません。家の近くでさらに15km、1時間も走るのはちょっと無理そうなので、諦めモードでまっすぐ帰ることにしました。

予定では、国道289号線を走って、南湖公園を過ぎてから、国道294号線を曲がって、栃木に入る予定でした。
しかし、何となく近道がありそうなので、そっちの方に行ってみましたが、国道294号線に出たと思って曲がった場所が、どうやら一本隣の道に入ってしまったようです。
なんか雰囲気が違います。道もきれいで交通量も極端に少なかったので、不安があり、ナビで良く調べてみると、やはり違っていました。でも、こちらからでも栃木県に入れるようなので、このまま走ることにしました。距離的には結果近道ですが、ちょっと上りが多かったかもしれません。

もう、帰るしかない

すでに足がパンパンで体も痛いため、休み休み行くような感じになっています。だんだんと足を回しているのも辛くなってきたので、少し漕いでは惰性で進み、普通のポジションをとれないため、上体を起こして、ほとんど立った状態で進んでいました。

やっと栃木県に入り、下りになるので少しは楽になるだろうと思っていましたが、向かい風があり、さほどスピードが出ません。なんとも厳しい後半戦です。

やっと、知っている道に出てきたので、気持ちは楽になりました。取り合えす、伊王野の道の駅で休みます。
ここでナビの確認して残り15 km と出てましたので、それを信じていましたが、ナビの経由ポイントまでの距離が15kmであり、そこからさらに20km近くあることを、この時は気づきませんでした。

15kmなら、1時間で着けるだろうと思っていたのですが、1時間たっても家の近くにいません。
もうすでに、良く走る道まで来ているので、どう考えてもここから1時間くらいかかります。
ということは、ナビの見方を間違えたのだなと、気付きました。

そんな感じでヒーヒー言っている間に、予想に反して、200kmをサイコンが表示して、当初の目的は達成できました。あとは惰性で家まで帰るだけです。
そんな惰性で近所の行きつけの自転車屋さんによって報告をし、 いつもたむろっているローディ達の祝福を受けました。ダメージは予想以上にあったため、経験者に体のケアについての情報を聞いて、家に帰りました。

今回は、結果的に目標の200kmを超えることが出来ました。しかし、最初は簡単に走れるだろうと思っていましたが、後半の半分は疲れや体の痛みが出てしまい、半端な気持ちでやらない方がいいと思いました。きちんと準備して、計画を立てて、体調を管理して臨んだ方がいいでしょう。
今後は疲れない走り方、乗り方をマスターして、さらに距離を伸ばしたいと思っています。やはりロングライドは、距離が伸びれば伸びるほど、総合力が試されるスポーツなのだなと思いました。
後は、乗る時間が取れるか?というのもあります。
いい経験になりましたが、ブルべなども参加したいので、これからも長距離に挑戦していきたいと思います。

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 4.6 / 5. 投票数: 12

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました