いよいよ、こてやんTT

イベント
0
(0)

明後日の7/20の、御亭山(こてやさん)タイムトライアルに出走します。
今回は2回試走が出来、思ったより準備は着々と進んでいます。

1回目の練習の時は、最初から飛ばし、前半の8%の坂をグイグイ踏んでしまったため、後半全く足に力が入らなくなり、8%の坂も5km/hくらいまでスピード落ち、後半は平均時速10kmも出ません。半年前から30秒遅くなってしまいました。

そのため、前回のこてやんTTのビデオを見て勉強したところ、那須ブラーゼンの選手が、急斜面はマイペースで、緩斜面は頑張ると言っていたので、その通りにしてみようと思いました。ただ、緩斜面でも頑張ってしまうと、私の場合そこで足が終わってしまうので、全部マイペースで最後まで行こうと思いました。

前回は自走で御亭山まで行ったのですが、往復で60kmぐらいあるので、ウオームアップをあまりしないで走った場合も比較しようと考えて、途中まで車で行き、そこから自走することにしました。
本番はどちらにするかは、結果を見て考えてみます。

今回は15km ほど走ってから御亭山に臨みました。(道を間違えたため、予定より5kmプラス)
最初は2~3%から始まるのですが、初めからあまり飛ばさないでマイペースを維持してみました。これで4回目くらいなのですが、意外と起伏の変化を覚えておらず、今回ですべて覚えて、力の入れどころ、抜きどころ考えることにしました。

前半の8%の坂に入り、予定通り無理をしないように上ります。
下半身に力を入れると、体幹もいまいちなので、腰が痛くなってしまいます。腰が痛くなると足に力が入らず、スピードが出ません。スピードが出なくなるとケイデンスも下がり、まっすぐ走ることが難しくなり、ふらふらしてきます。
それでも無理のないように体重を利用して、太ももに力を入れないようにして何とか上り切りました。力を入れないことに注意したせいか、心拍数が、前回より10bpmほど下がりました。私のMAX心拍数は、175bpmくらいなので、レースであれば、前回くらいの160bpmくらいで上れると思うので、本番はもう少し頑張れると思います。

前半の8%が終わると、見晴らしの良い、緩斜面に出ます。前回よりは楽に来れたようで、まだ足が残っています。
後半にも8%程度の坂が繰り返し現れてきますが、前回よりもすんなり走れることに気が付きました。スピードも前回の10km/hから12km/hに上がっています。それでも坂が緩くなっても、スピードは上がりません。
今回は、マイペースを貫きます。

ここのゴールは、最後斜度がきつくなります。ここでもがいても、あまり速くなった気がしません。どこで仕掛ければいいのか?ちょっとわからないですね。
それでも何とかゴールし、結果は自己ベストを1分以上上回りました。
良く練習で行く、栃木県県民の森の斜度は平均4%で、最大で8%が少しある程度なので、腰が痛くなることはありません。最初に八方ヶ原を上った時は、腰が痛くなってリタイヤしていますので、体幹を含めて、全体のトレーニングが必要なのかなと思いました。急斜面に対応できる体になりたいですね。

ストラバでは、レースのコースより長めになっているため、本番ではもっといいタイムになりそうですので、目標を25分切りにしてみました。
いつもは日曜日のレースが多かったのですが、今回土曜日で、前日仕事なので、(どちらにせよ、前日トレーニングはしませんが)うまく当日を迎えられるよう、調整したいと思います。
(当日は車で現地に向かいますw)

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 0 / 5. 投票数: 0

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました