暑い夏のトレーニングにぴったり。SANTICのサイクルジャージを買ってみました

アイテム
5
(5)

アマゾンでは、昔から安いサイクルジャージとして有名なメーカーです。
今では、リュブリャナ・グスト・サンティックという、UCIコンチネンタルチームサポートをしていて、世界でも通用するメーカーになっています。2020年のツール・ド・フランスの覇者、ポガチャルが所属していたチームです。ツールドとちぎやジャパンカップにも来てくれました。

ロードバイクを始めた当初は、他メーカーの格安ジャージを買って、いまいちだったため、それ以降は名のあるブランド品を買っていましたが、練習用に潰しても良いジャージが欲しかったので、どの程度の物か、試しに購入してみました。

スポンサーリンク

商品の説明

Amazonに書かれている宣伝文句ですが、
・立体裁断
・裾に滑り止め
・バックポケット3つ。両サイドに反射板
・吸湿性、通気性が良い

となっています。

まぁ、一般的なサイクルジャージのキャッチコピーなのですが、普通のサイクルジャージより、スケスケすぎる通気性と、ボディラインばっちりの伸縮性です。
よりレーシーな作りになっていますので、暑い夏のトレーニングなどに最適です。

写真はラインが朱色っぽくなってしまいましたが、赤に近い色になります。

商品到着

広げてみようとしたのですが、腕や胴回りなど、きれいに広がりません。
これは、乗車姿勢に合わせて立体的に作られているため、平らなところでは、うまく広がらないということです。期待できますね。

デザインはシンプルで、黒字に赤のラインがスポーティであり、派手さはありませんが、かっこいい感じです。カラーは赤と青がありましたが、赤にしてみました。

全体的には小さめに作られていますが、背中は長くなっています。ちゃんと裾の所に、Santicのネームで滑り止めも付いています。
胸と肩のマークはゴム製で、立体の物が付いています。

バックポケットは、口のところにゴムが付いているので、しっかり保持できそうです。

袖口の部分は、補強の為か、別の布が縫い付けてありますが、そこだけ違和感があるとかは無いです。1万円以上のチームジャージは切りっぱなしですが、値段が安いため、工夫をしているのでしょう。全く問題はありません。

チェレステカラーもあります

着てみた感想

体にぴったり

体に合った縫い方をしているせいか、体のどこがきついとかがありません。全体的にぴったりとフィットして、肩がきついとか、胴がゆるいとかはありません。

生地が薄いため、ボディラインもばっちり出ます。お腹が出ている人は、要注意です。

私は、174㎝68kgですが、Mサイズでぴったりです。ファスナーも上まで上げても苦しくありません。
背中も十分に長く、滑り止めもあります。どこか緩いところもきついところもありません。

デザインが良い

シンプルであり、カラーやラインがポイント的に入っており、派手過ぎず、地味過ぎず、ちょうど良いデザインです。
ポイントで胸や肩にマークが縫い付けてあります。

伸縮性抜群

伸縮性が良いおかげで、どこも痛くありませんが、程よいコンプレッションは効いています。
たるむところもなく、上位ランクのレース用のサイクルジャージにも引けを取りません。
走ってみても、バタつくところはありません。

以前に、アマゾンで安い他メーカーのサイジャを買ってきていたことがありますが、まず伸縮性が無いため、お腹や袖がひらひらしていました。そのくせ、肩や脇がちょっときつかったです。下は長パンツでしたが、足全体がきつく、無理に引っ張ったら、縫い糸が切れました。そのあと気を付けて履いても、計5カ所くらい切れました。そして、洗濯しているうちに伸びます。

背中が涼しい

背中がかなりのメッシュです。背中の生地を通して、向こう側が透けて丸見えです。着てしまえば、肌は見えないので大丈夫です。レース会場で、お尻の割れ目が見えそうなシースルーのワンピースを着ていたチームがあったので、それを思い出しました。

サイクルジャージの選び方のポイントですが、内側がこのように格子状になっているものがあります。これは、汗で肌にぴったり貼りつかないようにするためです。接触面積を減らして、汗の嫌な感じを軽減しています。普通の平らな生地では、メッシュインナーを着た方が良い場合があります。この差は大きいです。

背中は後ろが透けて見えます(着れば肌は透けません)

レースにも使用できる

チームで、チャンピオンやウェブワンで、レース用のサイクルジャージを作りましたが、引けを取らないようなジャージです。
空気抵抗も、着心地も、速乾性もそん色がないため、レースに使用しても、全く問題なさそうです。
なにせ、レースチーム用に提供している会社ですからね。

値段が安い

ちょっと値段が安すぎます。最安値ではありませんが、高機能サイクルジャージと同じ機能で、4000円弱では安すぎます。
以前、グストのチームジャージのレプリカを、12800円で売っていました。上下セットで。普通は片方でそのくらいの値段です。プロも価格破壊でした。

伸びやすい?

伸縮性があるのは良いのですが、背中のバックポケットにいろいろ入れると、結構伸びます。背中の下側が開いてしまうほど伸びます。

背中に携帯くらいなら問題ないのですが、ウインドブレーカーを丸めて入れたり、輪行袋を入れたり、補給食のパンなどをたくさん入れると、結構伸びます。

ただ、元に戻りますので、伸び切ってしまうことはありません。ものが落ちてしまうこともありません。たくさん入っていいという考え方もあります。

耐久性は不明

伸びやすい、生地が薄いなどということがあり、耐久性は大丈夫なのか?という疑問があります。
とりあえず、5回くらい使って洗っても、ダメになることはありませんでした。(手洗い推奨ですが、私は洗濯機でネット洗いです)
1年くらい使ってどうかということですが、値段的には1年持てばいいかなと思います。

口コミは?評価は?

ネットでは、おおむね好評です。アマゾンで、★4.4です。★1はほとんどありません。
フィット感も良く、出来も良いとのことです。

まとめ

まだ気温27℃程度の中でしか使っていませんが、メッシュがすごいので、この夏どうなるか試してみたいと思います。
練習などで、夏は替えの半袖ジャージはたくさんあっても良いので、これで乗り切って行こうと思います。

Amazonで「Santic ジャージ」を探す

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 5

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました