残暑厳しかったのが、急に寒くなりましたね。ウェアに困るこの季節は、インナーで調整しましょう。

アイテム
5
(4)

今年の10月は30度になる日もあり、残暑が厳しかったですね。
ロードバイク乗りには、暑いながらも湿度がそれほど高くなかったため、それなりに走りやすかったのではないでしょうか?
そして、着るものも半袖短パンのウェアで十分でした。

ですが、10月も終わる頃になって、急に冷えてきました。朝晩は冬かな?というくらい、つい暖房をつけてしまいます。

そんな時に困るのが、サイクルジャージです。
走っている時は暖かくなって汗をかくのですが、止まると寒くなります

私のこの時期の対策は、インナーによる重ね着です。これで結構12月くらいまでいけます。(関東地方)

寒くなると、冬用のサイクルジャージもありますが、結構厚手で動きづらくなります。
ロードバイク乗りにとっては、動きやすいものが一番なので、なるべく薄くしたいものです。

長袖のインナーを着て、半袖サイクルジャージを着た上で、ウインドブレーカーを持って行きます。走る時はウインドブレーカーを脱いでバックポケットにしまっておきます。
止まったら、すぐにウインドブレーカーを着ます。走っている時に寒かったら、ウインドブレーカーを着て走ります。

多少暑くなっても、長袖インナーは汗をかいても乾きやすいので、そのまま着ていても不快感がありません。逆に通気性が良すぎるため、ウインドブレーカーで体温が外に逃げないよう、調整することが出来ます。

写真のMORETHANのウインドブレーカーは、丈夫でバックポケットにも入り、コスパ最強です。
(3年使ってオイルの汚れが取れなくなってきたので、2着目です)

Morethan サイクル ジャケット ウインドブレーカー 防風 バックポケット付き メンズ WVP-005、グリーン、L新品価格
¥3,198から
(2021/10/26 21:02時点)

ちょっと長袖インナーでは寒いかなという場合は、裏起毛の長袖インナーもあります。これは結構暖かくて、室内で着ると暑いくらいです。
もっと寒くなった場合は、厚手のインナーもありますし、冬用のサイクルジャージとの重ね着でかなり暖かくなります。

この時期は、朝晩が冷え込みます。その時間帯は、完全に冬装備の方が良いです。
昼間の時間帯だけでしたら、多少の暑さ、寒さは、インナーとアウターで調整できます。

私はインナーをおたふく手袋や、ワークマンで購入しています。
結構伸縮性があるので、小さめを買ってコンプレッションにしたり、リラックスしたいときは大きめを買ったりします。ロードバイクは空気抵抗が気になるので、小さめを選びますね。
そして値段が安い。ウン万円する冬用ジャージには、機能では勝てないかもしれませんが、千円程度で買えるインナーは、コスパ最強です。

他にも、グローブを指が出ない物にしたり、ヘルメットの下にサイクルキャップをかぶって、冷たい風が当たらないようにします。
薄手のネックウォーマーはかなり便利です。邪魔な時は縮めておき、寒い時は鼻や耳まで隠すことが出来ます。

冬になると、走るのがおっくうになります。厚着をするのにも時間がかかりますし、寒すぎて手足がかじかんだりします。
今ならまだこのくらいの装備だけで、快適に走れます。
本格的な冬が来る前に、外へ出て、たくさん乗りましょう。

Amazonで「おたふく手袋」を探す

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 4

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました