ブライトンのAero60、Rider450が値下げされます

パーツ
4.2
(6)

私が所有している、bryton Aero60を含む2機種で、2割程度の価格改定(値下げ)が、2020年4月1日から行われるようです。
フラグシップでありながら、最初からコストに優れていたサイコンですが、値下げでさらにライバルに差をつけることになるでしょう。

ブライトン サイクルコンピューターRider450とAero60がプライスダウン - プレスリリース
各種サイクルコンピューターを展開するブライトンが価格改定を実施。フラッグシップモデルの「Rider450」とエアロデザインを採用した「Aero60」の2機種が、4月1日よりプライスダウンした新価格にて販売される。以下、プレスリリースより紹介しよう。

値段は、Rider450E(本体にマウント付き)が、22,000円→17,000円
Rider450T(スピード、ケイデンス、心拍計の3センサー付き)が、31,000円→26,000円
Aero60E(本体にマウント付き)が、23,800円→18,800円
Aero60T(3センサー付き)が、32,800円→27,800円です。

私は、Aero60を購入して安心していたのですが、Rider450を改めて調べてみると、Aero60と性能上違いがありません。画面の大きさも、バッテリー持ちも、ナビもみんな一緒です。
唯一違うのは、マウントの形状です。

Aero60は、前方から手前にスライドさせて、爪で引っ掛けています。外すときは、レバーを倒すと前方へ抜けます。
Rider450は、いわゆるガーミンなどと一緒で、横を向けた状態でセットし、90度回転させると固定される仕組みです。
Rider450の方が後に発売されているため、マウントに仕方に不満が多かったのでしょうか?
どちらがいいとは言えませんが、好みで選んでよいかと思います。(ガーミンやレックマウントなどと流用できるかは不明)

Aero60の標準マウント

そうそう、ブライトンのサイクルコンピュータを持っている人で、今だローラー台でスピードが出てこないという人がいたので、もう一度書きます。

「設定」→「プロフィール」→「自転車」→「自転車1(または2)」→「速度信号源」で、
優先度1を速度に、優先度2をGPSにしてください。

優先度1がGPSだと、スピードセンサーを拾いません。よって、固定ローラーや三本ローラーで使用する際、スピードが表示されません。

ブライトンと言えば、去年のサイクルモードでお披露目された、カラーディスプレイの
Rider860があります。やっとこの3月に出荷が開始されました。気になりますね。
フルカラーで、本体36,000円と、コスパが良いです。
紹介ユーチューブも出ていましたので、さっそくチェックしましょう。

【自転車グッズ】秀逸GPS搭載!話題のBRYTON Rider860、サイクルコンピューターの全てがこちらに[ブライトンRider860]【358TV】

メーカーサイトはこちら↓↓↓

Bryton
Bryton Incorporation was established by elite consumer electronics product development and marketing professionals. Combining strong R&D and innovative product ...
Amazonで、「ブライトン」を探す

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 4.2 / 5. 投票数: 6

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました