こてやんTT(御亭山タイムトライアル)に申し込みました

イベント
5
(2)

御亭山(こてやさん)TTに申し込みました。
タイムトライアルですが、ヒルクライムです。距離が5kmしかないため、タイムトライアルと呼ぶ人もいます。(私は100mでも登ればヒルクライムです)
以下、ホームページより抜粋しました、こてやさんの説明です。

栃木県大田原市北滝地内にある御亭山(512m)の山頂は緑地公園になっており、那須連山や条件が整えば富士山も望める眺望の良さが魅力です。
西側県道から山頂までの5.2㎞のコース(表)と東側の比較的急な1.8㎞(裏)のコースは最大斜度10度以上。
那須ブラーゼンの練習コースとしても定着している人気のスポットです。
選手がたたき出した13分30秒の記録に挑戦しませんか
ホームページはこちら

私は、ヒルクライムが嫌いです。いや、嫌いではないのですが、遅いです。仲間と一緒に行くと、最初からちぎられます。
前にも、ロードバイクを買ったばかりの初心者の若者と、八方ヶ原を登りましたが、私が最下位。何も教えることはありません。(TT)

そんな私が、何故こてやんTTに出たかというと、とりあえず、7月にレースが無いということです。月1回は何かに出たいというのがあります。毎週出ている人もいますが、時間とお金に制約があります。そのために、出るイベントは、良く考えて選んでいます。

ヒルクライムは、ロードレースやクリテリウムに比べれば、スピードが遅く、みんなマイペースでしか走れないため、バラバラになり接触はほとんどありません。というわけで、安全です。初心者にもやさしいです。
でも、レースではないですね。自分のタイムをどれだけ更新できるかとか、自分との戦いですね。(上位者は除く)

こてやさんですが、何度か登ったことがあります。最初は30分くらい。2回目が27分くらいです。
前回の年代別の結果からみて、ビリかブービーでしょう。25分くらいで行けたらいいですね。

こてやんTTは、エキスパートか20分以内で登れれば、裏こてやんにチャレンジできます。
総合はこの2つのTTの合計タイムになります。
参加募集人数は少なく、各カテゴリー20~30名程度なので、とてもアットホームな雰囲気です。
ジャージも出るので、狙える人はチャンスがありそうです。
2018年に始まり、今年で2回目ですが、前回は八方ヶ原ヒルクライムの前日ということで、両方参加は無理でした。そんなパワーありません。

さて、御亭山ですが、短い分、平坦がありません。長いヒルクライムになると、途中平坦や下りがあったりしますが、ここは、途中に少し平坦はありますが、ゴール手前は、急こう配のままでゴールです。
緩斜面は最初にあり、後半は少しだけ出てきます。勾配はだんだんきつくなってきます。休みどころはありません。
景色はまずまず、路面はかなりきれいです。お勧めです。

裏側は、2kmで同じ標高を登る為、10%の斜度も出てきます。後輪がずりずり滑ります。行きたい方どうぞ。(僕も行きたいけどね)

大会としてはしっかりしていて、さすがレースイベントの多い栃木県という感じです。
ただ、栃木県は、八方ヶ原ヒルクライムと、この御亭山TTの2つしかヒルクライムがないため、すたれないよう、歴史を作っていきたいですね。
まだ申し込みは間に合いますよ。(6/22まで)

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 2

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました