スポーツ心臓を手に入れた

ダイエット
5
(7)

会社勤めの人は、健康診断の時期ですね。自転車を趣味にして2年弱。
当時は何も運動せず、食べたいものを食べていたため、健康診断ではメタボリックと言われていました。若いうちは不摂生しても、健康には影響はなく、病気とも無縁のようでしたが、40歳を過ぎると、いろいろな数値が悪くなり、あちこちが痛くなりました。

そして自転車に出会い、半年で8kgほどやせ、9ヶ月後に行った健康診断では、見事メタボリックから(一時)卒業できました。同時に、血圧、コレステロールも改善しました。

その時、一つの異変がありました。心電図で「洞徐脈」と書かれていました。
これなんだかわからず、インターネットで調べてみると、スポーツをして心臓が強くなると、一度に送る血量が増え、心拍数が下がるというものです。
私は50回/分程度ですが、もっと鍛えている人は30回台/分だそうです。

さらに1年が経過した今年、また心電図のところに何か書かれています。
今度は、「左室肥大」です。
左心室の筋肉(心臓は筋肉)がでかくなっているようです。

さすがに大丈夫かな?とも思いますが、スポーツ心臓ということで、ある程度負荷をかけたトレーニングを繰り返しているので、大丈夫だと思います。(心配な方は、病院へ行ってください)

歳が歳なので、無理は禁物ですが、出来るところまでやってみようかと思います。
自転車、ロードバイクは健康にいいですが、やりすぎには注意しましょう。私は一生懸命遊んでみます。

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 7

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました