皮下脂肪が落ち始めるのはいつ?

ダイエット
4.6
(13)

ダイエットが進むにつれ、体重が減り、ウエストも細くなります。
こうなると、ダイエットもほぼ成功。おめでとうございます。
そして最後のボスキャラが現れます。胴回りの皮下脂肪です。

皮下脂肪がいつから落ち始めるのか?どのくらいやれば、皮下脂肪は無くなるのか?解説していきたいと思います。

皮下脂肪は体重が減っていれば、落ち始めていますが、非常にゆっくりです。
一般的には、皮下脂肪を十分に減らすには1年から3年はかかります。

皮下脂肪を落とす期間がどのくらいかかるかを、具体的にお話しするのは難しい問題です。
体の大きい人、小さい人。体重100kgの人、50kgの人。体脂肪率が10%の人、20%の人で、目標をどこに置くかで、期間は変わりますし、期間を短く設定し、厳しいダイエットをするのか?緩いダイエットをするのかでも変わります。

これからお話しすることは、私の経験になってしまうので、私を基準に考えていただければ、と思います。
私のプロフィールは、アラフィフ男性、身長174㎝、体重69kg、体脂肪率20%、へそ横皮下脂肪厚15mm、ウエスト80㎝です。
ダイエット方法は、食事1週間平均で2000kcal/日。運動は、2000kcal/週で、体重は現状維持です。

私のダイエットのイメージです。第1期を見てください。ダイエット初期の段階です。
最初の数カ月で、体重、体脂肪率、皮下脂肪厚、内臓脂肪、胴回りが全体的に落ちていきます。目立って減量できています。

今度は、ダイエット2期です。ダイエット中期の停滞期(私の場合、緩くダイエットと自転車競技の為の筋力づくりをしていました)です。
2年近くですが、体重や体脂肪率はわずかしか下がりませんが、ウエスト、皮下脂肪厚は確実に下がっています。体つきが締まっていってます。なにより、ズボンのベルトが確実に短くなっています。

ダイエットとは、理想に近い体を手に入れることです。体重が100kgでも、モデルのような体形なら問題ありません。要するに、体重の数字に縛られてはいけないということです。

体重は落とそうと思えば、数カ月で何kgでも何十kgでも落ちます。それは脂肪とともに、筋肉、水分が体からなくなるからです。これでは、病気のような、弱々しい体になって、顔も老けてしまいます。美しい体を手に入れるには、筋肉を残しながら、脂肪を落とさなければなりません

理想的ではありますが、極端な例がボディビルダーです。一般の方は、そこまでやらなくても良いと思いますが、ボディビルダーのやり方はとても参考になります。筋肉を増やしながら、脂肪のみ落としていく。これが出来れば、理想な体を手に入れることが出来ます。

体重はあまり気にしない方が良いのですが、数字で管理する場合は、皮下脂肪厚の方が良いと思います。(測りづらいところではあります)ウエストも、筋肉やインナーマッスルが増えると、脂肪が減っても太さはあまり減りません。しかし、ズボンなどは、確実に緩くなります。体脂肪率も、目安としては良いと思います。

結論としては、理想的な体を手に入れるには、体脂肪率と、皮下脂肪厚を管理した方が良いということです。
しかも、これらは変化が小さく、数カ月から数年かかります。特に、数十年と、食べるだけ食べて運動もしていない身体から、皮下脂肪を取るには、何年単位かかると覚悟してください。

数字の目安ですが、皮下脂肪を薄く引き締まった体にするには、皮下脂肪厚は10mm以下。体脂肪は10%になります。(男性の場合です。女性はこの1.5倍くらいです)ここまで来ると、筋肉が無いと貧弱になりますので、スタイルづくりを意識しましょう。

お腹だけ、足だけなど、各部位の脂肪を選んで落としたいという方もいますが、脂肪を落とす場所は選べません身体全体まんべんなく、皮下脂肪は落ちていきますその部位をトレーニングすることは、その場所の筋肉量を増やし、引き締まって見えたり、力強くなったり、姿勢が良くなったりするメリットはあります。しかし、全身の筋肉を鍛えた方が、消費カロリーを増やすことが出来ますし、特定の部位だけ毎日鍛えることは不可能(休息日が必要)なので、全身を鍛えることをお勧めします。

当然腹筋だけ鍛えていても、シックスパックは見えてきません。その上の皮下脂肪を薄くしなければいけないからです。元々皮下脂肪が薄い人は、すぐ腹筋が見えてくるでしょう。

まとめますと、皮下脂肪はゆっくり減りますので、長い時間(数年)かけてじっくり落としましょう。ダイエットは裏切りません。たまに暴飲暴食しても、普段は適切な食事と運動を心掛けていれば、必ず皮下脂肪は落ちてきます。そのためには、全身の筋トレ、有酸素運動をうまく織り交ぜ、食事も無理なく減らしていくことが大切です

内臓脂肪と皮下脂肪の種類別、落とし方!
感覚的に内臓脂肪、皮下脂肪のイメージは分かりますが、それぞれ特徴があります。どちらを落とすということはできませんが、ダイエットをしていると起こる特徴は、この2つの脂肪がかかわっています。実体験をもとに、脂肪の落ち方を見てみましょう

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 4.6 / 5. 投票数: 13

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました