足先が冷えたとき、足先を温めれば良いわけではない!おたふく手袋のレッグウォーマーを買いました

アイテム
5
(4)

冬のロードバイクは、手足が冷えます。ほぼ感覚が無くなり、我慢しながら走っています。
私の足先対策は、厚手の靴下を履き、靴下カバーを装着しています。シューズカバーはしていません。まぁまぁ、寒さは防げますが、本当に寒い時は、ミニ使い捨てカイロを、足先に入れています。

冷たい足先にカイロを入れれば、温かくなるに決まっているのですが、それでも足先の感覚は戻りません。不思議ですね。
それは、手足が冷やされるからではなく、体が寒いと感じると、手足に血液を送らなくなるからです。そのため、体を冷やさないことが、手足を守ることになります。

足先を冷やさないようにするには、足首を冷やさない方が良いと聞きました。そのため、足首辺りを冷やさないため、レッグウオーマーを購入しました。
まだ寒さが本番ではありませんが、これからのため、装着感や効果などを確認してみました。

スポンサーリンク

おたふく手袋 冬用レッグウオーマー

私が購入したのは、「おたふく手袋 冬用レッグウォーマー JW-123」です。
発熱、防風、保温ということで、ロードバイクにうってつけです。

実物を手にしてみると、けっこう厚めです。特に前面(前半分)は ぶ厚く、固くて伸縮性はありません。その分後ろ半分は伸びる素材です。
肌触りは裏起毛で気持ちいいですね。

これでネット最安値では、1000円しませんから、コスパは抜群です。

同じおたふく手袋のレッグウォーマーで、JW-118というのもあります。これは、前面防風が無いタイプなので、目的に合わせて選ぶと良いと思います。

装着感

私はMサイズを買いました。ふくらはぎは異常に発達していますが、装着は伸びるので問題ないです。
厚めの生地と相成って、温かさを感じます。
発熱機能もあるので、付けているとじわじわと温かくなるような気がします。普通の生地より温かいという感じです。

靴下の上に履いてみましたが、問題ありません。
さらにその上に靴下カバー、長ズボンのレーパンを履いて、4重にしましたが、履くことは可能です。ちょっときつめですが、血流が悪くなるほどではありません。

輪っかの口の部分がしっかり縫製されているので、少し太くなっています。
足首側は少し余分に生地が余っています。重力で落ちてくると、さらにしわしわが増えてきます。薄くてぴったりというレッグカバーとは違うようです。

走ってみた感想

まだ極寒の中を走っていませんが、風は完全に防いでくれます。まさにロードバイクやバイクなどの走る乗り物の風よけに最適です。
密着性も良く、温かさはしっかり感じます
足首、ふくらはぎ、すね全体が冷えないので、不思議に足先も冷えません。まさに狙い通りです。

自転車で走っていて違和感もありません。きつさもありません。ずれる感覚もありません。
まぁ、ロングタイツのレーパンを履いているので、外側から押さえているので、落ちづらいかもしれませんが、さすがに半日履いていると、少し下がって、足首辺りにしわが多くなってきます。簡単に上げることは出来ます。

これだけでも足が暖かくなるので、それほど寒くない日は、シューズカバーが無くてもレッグウォーマーだけで良いかもしれません。

口コミやレビュー

アマゾンなどのレビューでは、足首の方とかが密着していないので、風が入りそうと書かれていますが、風が入ることは無いと思います。
伸縮性もいまいちとのことですが、確かに前面防風が硬くて、あまり動くとずれてしまいますし、動きづらいかもしれません。
密着性を求めるなら、JW-118の方が良いかもしれません。

普段にも使える

冬は仕事でもお出かけでも足が冷えます。そんなときにでも使えます。
もっとファッション性のあるものや、もこもこしたものありますが、ズボンの下に付けるには、問題ないので、兼用でき、とてもお得です。

最初に買って部屋で付けてみたとき、温かいのでそのままつけて寝ました。部屋でも足先が冷えますし、短い靴下を履くと足首がスース―していたので、とても温かく、寝る時でも違和感なく快適に寝られました。

もっと早く気づいて、普段の生活にも取り入れればよかったと思いました。

なぜ手足が冷えるのか

先にも書きましたが、体が冷えてくると、胴体や頭を守るために、手足の血流を抑えてしまいます。そのために手足が冷えます。

しかし、ロードバイクは不思議なもので、一生懸命漕いでいると、体は汗をかきますが、手足は感覚が無くなるほど冷たくなります。さすがに血流以前に、冷たい風に手足が晒されているためでしょう。まずは、防風が第一です。昔はビニール袋をかぶせて、輪ゴムで止めていました。

とにかく着込むしかないのですが、着すぎると動けなくなるのがロードバイクです。
やっぱり寒さには勝てません。寒さに勝とうとせず、寒すぎる場合は、短時間にするなど、限界を超えないようにするしかないかもしれません。

4つの首を温めよう

手足を冷やさない、体を冷やさないようにするには、4つの首を温めると良いとされています。
4つの首とは、首、手首、足首、そしてくびれ(お腹)です。

私は、ネックウォーマーを持っていますので、首は温めています。今回は足首を温めています。
しかし、確かに手首はあまり温めていません。袖の短いウェアの時は、手首が出てしまいます。
お腹も特に補強していません。

次回は手首とお腹を温める何かを探して、更なる温かみを見つけてみたいと思います。

おたふく手袋 冬用レッグウォーマー [発熱 防風 保温] JW-123 ブラック L

新品価格
¥785から
(2021/12/21 21:19時点)

Amazonで「レッグウォーマー」を探す

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 4

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました