ダイエット、途中で断念?

ダイエット
5
(3)

このお正月に太ってしまったため、4月よりダイエットを始めて2ヶ月ほど過ぎました。
71kg~72kg程度に増えた体重ですが、現在は70 kgです。2カ月もやって1kg?少なすぎない?まじめにやってる?と言われそうですが、まあ、ボチボチやっています。w

運動は週に1回のロングライドと、家で週2~3回のローラー台をやっています。おおよそ月に400 km くらい走りますかね。
食事はカロリー抑えて、朝昼合わせて500キロカロリー程度とっています。夕飯は家族としっかり食べるので、1000キロカロリー食べているでしょうか。間食、飲み物も合わせると、1日1800kcal~2000kcalですね。(正直正確には分かりません)
ただ、仕事はほとんど座ってやっていますので、カロリーを消費していません。通勤も車なので、歩くのはほんの50歩くらいです。

私のダイエットイメージです
体重は、点線の方向へ進むはずだったのですが、、、

この程度ではやっぱり痩せないのでしょうか?
ウエストも、数字の上ではあまり減っていません。ショックなのは、健康診断を6月に行ったのですが、1年前からウエストと体重は、まったく変化なしです。確実に足に筋肉が付いているのですが、体脂肪計でも20%程度と、変化がありません。

とはいえ、まったく変化がないわけではありません。
まず、ズボンのベルトが緩くなったような感じがします。
また、おなかの皮をつまむと、皮下脂肪が少なくなっているような気がします。
見た目は、スッキリしてきたような気がします。

5か月で12kg痩せた減量報告
じゅんぱぱすごい。ここまでは無理です。
お腹に血管なんかあるんですね?w

こうなると、どの数字を信じていいのかわかりません。具体的な目標を立てたいのですが、困っています。
体重は朝や晩で変わりますし、食べた直後や排便した後にも変わります。汗をかくと極端に落ちます。ですので、1 kg ぐらいは上下するのはやむを得ないので、そのばらつきの範囲の平均をみて、下がっているか判断するしかないようです。
ウエストも力を抜いて計りますが、姿勢で変わったり、腹筋に力が入ったり、ちょっとへこませたり、力を抜きすぎるとたるんだりと、計り方が難しいです。横っ腹にも、皮のたるんだ部分があるので、計る場所でも変わってきます。
まぁ、実際下がっていないのは、ダイエットが甘いだけなのでしょう。

数字ではっきりしそうなのは、皮下脂肪を計る方法です。ただ、計る器具が無いので、この方法はすぐには出来そうもありません。

そんなこんなで、だらだらダイエットですが、一番低い時(今までは朝計っていました)に68.5kgを示したので、去年の夏ぐらい一番低いの体重まで近づきました。
これから暑くなって汗をかいたり、外でもっとロングライドが出来れば、もうちょっと下がりそうです。
それと、いまの食事制限はそれほど苦になりません。確かに、朝昼が少ないので、しばらくするとふらふらしてきます。そうすると、少しカロリーのある飲み物やお茶でごまかしてしのいでいます。これであと半年くらい続ければ、もうちょっと下がると思います。
一応の目標は、65kgくらいです。標準体重は62kgくらいですが、(ほんとうか?)生活に支障が出そうなので、やめておきます。

ここで、考え方を変える記事、動画を見ました。

初心者のダイエット&減量雑談!!
モコフィットネスです!

“坂バカ”ショック! 管理栄養士が指摘する「減量」に隠れたヒルクライマーの“損失”とは

最初のユーチューブ動画は、MOCOFITNESSでおなじみのモコさんの動画です。
かなり深いダイエット、栄養、運動について触れていますが、ダイエットの弊害も語っておられます。
ダイエットの弊害とは、イライラや落ち込みなど、精神的なダメージなのだそうです。
私には無縁・・・と思っていたのですが、ロードバイクを始めたころから、いつもは気にならない(どちらかというと、何事も気にしない気楽な性格)ことが、イライラしたり、カッとしたりしていました。また、仕事に身が入らず、やる気が出ない日々が続いています。
最初は歳のせい?と思ったり、ロードバイクやったから忙しい?キャパオーバー?それともロードバイクで息抜きしているから、ましになっている?などいろいろ考えてみましたが、ロードバイクを始めたのはダイエットが目的ですし、ダイエットが精神的に影響しているのかと考えてみました。

次の記事「減量に隠れた損失」ということですが、食べないでトレーニングをすると、筋肉が減ってしまうということと、しっかりグリコーゲンを筋肉に蓄える必要があるということです。
(レース前などの食事調整は割愛)

両方とも、ダイエットとトレーニングによるデメリットに言及しています。たしかに、エネルギーを使うトレーニング中に食事制限は、加減が難しいです。私もロングライドをするついでに食べるものを抑えると、何かと疲労が増え気力が失われるような気がします。

素人が、このバランスをうまくやっていくのは厳しいかと思います。
私の20%の脂肪は、一生連れて歩く、私の一部なのかもしれません。(ただ、皮膚が厚いだけかもしれませんw)
しばらくは、トレーニングを増やし、食べる量も増やして様子を見てみたいと思います。(早速、今日いっぱい食べてます)

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 3

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました