私のダイエット。結果(言い訳)発表

ダイエット
3.8
(5)

2020年7月31日完了目標のダイエット計画を立てていたわけですが、その設定日を過ぎました。
さて、ダイエットの結果ですが、「未達」となっております。申し訳ございません。(だれに?)

言い訳(理由)をさせてもらえば、「みんなコロナが悪い!」となります。
ダイエットも多少なりとも抵抗力が落ちますから、体調が悪い時はコロナに負けてしまいます。
また、目的であるヒルクライムレースでの好成績を修めたくても、レースがほとんど開催されません。
やむを得ない状況として、ご勘弁ください。

これで終わりでは、この失敗(?)も経験として生かせないので、反省点を踏まえ、今後に役立つよう、考察したいと思います。
会社で言うPDCA(プラン→ドゥ→チェック→アクション)ですね。

スポンサーリンク

PLAN(計画)

計画としては、7/31までに、63kgでした。

それを実現するための具体的なプランは、
・運動は、ローラー台やロードバイクでの実走を行う
・食事は、朝昼少な目で、1日2000kcal以下
となります。

運動は、ヒルクライム用の筋力アップと、ダイエット用のカロリー消費の両面から行っており、具体的な距離や回数などは設定していませんでした。

食事は、夕飯は家でみんなで同じものを食べますし、しっかりしたものを作ってもらっているので、朝と昼で調整しなければなりません。
朝300kcal、昼300kcalを目標としていました。

DO(実行)

運動では、最近疲労の波があり、運動しなくても疲れていたり、眠くなったりすることがある為、仕事にも影響がない程度に、運動は押さえていました。毎日は乗らないようにしたり、連続してハードな練習をしないようにしたり、筋トレを織り交ぜたりしました。
無理なくダイエットが本分なので。

ただ、ズイフトを始めたので、かなり運動面では助けられました。外乗りを禁止していたわけではありませんが、外で乗る時間が減っていました。ズイフトのおかげで、部屋で30分くらいは飽きずにローラー台が出来るようになり、1時間も何とか漕げるようになりました。ミートアップで100km、3時間やった時は、さすがに体がおかしくなりましたが。

ざっくりですが、運動により、月10000kcalは消費できたかと思います。
7月は転勤が決まったため、準備や気持ち的にも忙しく、10回くらいしかロードバイクには乗りませんでしたけどね。

食事も、コロナに負けないよう、しっかり食べていました。
おそらく2500kcal程度は食べていたのではないでしょうか?
その代わり、外食や飲み会がまったくなくなったので(もともと少ないですが)、高カロリー摂取のタイミングも減ったということもあるかもしれません。

大きく変わったのが、4月から子どもが高校生になって、お弁当になりました。ついでに私もお弁当になりました。
それまでは、200kcal以下のカップラーメンと100kcalの魚肉ソーセージやツナの水煮缶でしたが、おそらくお弁当で500~600kcalになっていたと思います。お弁当は大変ありがたいですよ。

CHECK(評価)

運動は、コロナのせいだけではなく、家の用事などで、1回あたりの外乗り時間が、半分程度の3時間くらいになり、有酸素運動時間が大幅に減りました。
また、ヒルクライムの為に短時間高強度(というほど、高強度ではない。短時間中強度)のトレーニングとしたため、脂肪の燃焼という意味では、不十分だったかと思います。

しかし、筋力をつけるための運動もそれなりのカロリーを消費しています。筋トレは有酸素運動ではなく、脂肪燃焼効率が悪いという人が多いですが、私は、筋トレ中のエネルギー消費に加え、筋肉回復にエネルギーを消費していると考えています。運動の翌日はお腹が空くというのは、エネルギーを使って、筋肉を増やしたり、疲労を回復しているのだと考えているので、強度を上げた筋トレの方が、運動時間短縮しつつ、脂肪燃焼量も十分行われていると思います。

どちらにせよ、ロードバイクイベントにシーズンインしたにもかかわらず、コロナのせいで何の目標もなくなり、練習にメリハリが無くなってしまったのは事実です。実際運動量は減ってしまったと考えます。

食事の面では、コロナのせいで抵抗力をつけるために、空腹である時間を減らしました。

運動による疲れすぎ。空腹による、回復不足は、コロナに対する抵抗力低下の原因です。まとめると、
・コロナによる、大会中止のための練習不足
・コロナによる、練習時間減少
・コロナにより、食事を減らせない
・お昼はお弁当
・転勤による、生活の大幅な変更

となります。

ACTION(改善)

今後の対応ですが、まず、転勤により、仕事が大きく変わります。実は、仕事もコロナの影響で、止まっている部分が多くあります。仕事に慣れてからとなりますが、現在はまともに仕事も始められない状況です。

単身赴任で、家事は自分のことだけになりました。個人的には、自分の時間が増えると思っています。ただ、週末帰宅するようになると、移動時間も取られてしまいます。(ロードバイクで往復すれば、良いトレーニング)
食事は、自分で完全にコントロールできますが、今のコロナ禍では、減らすわけにはいきません。

現時点で、次なるアクションプランは決められません。
ロードバイクイベントは、下総でいくつかエンデューロなどが予定されています。それらに出ようと思えば、練習やら体重管理も必要と思いますが、どうしようかと悩んでいます。

ちなみに現時点での体重ですが、意外に増えていません。
単身赴任で体重計を買って乗ってみましたが、66.7kgでした。私としては、68kgは太ってしまった。66kg台なら今までで良い方となっています。東京は、よく歩くからでしょうか。(通勤は歩き)
田舎の人は、家から目的地まで車に乗ってしまうので、ほとんど歩きませんから、東京の人はみんなスリムに見えます。
新しく買った体組成計で、体内年齢が37歳と出たので、ちょっと嬉しいです。家にあった体組成計よりも体脂肪率が少なくなっています。さすがタニタ。

購入したのは、BC-764-WHという、ちょっと前の機種ですが、体内年齢も出て、面白いですね。測定項目は、体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、内臓脂肪レベル、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢です。

また、もう少ししたら、今後のことは考えたいと思います。
では、皆さんもご一緒に、
「全部コロナが悪い!」
ありがとうございました。

Amazonで、「タニタ 体組成計」を探す

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 3.8 / 5. 投票数: 5

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました