ヒルクライマーへの道。鶴カントリーC、古賀志山練習

トレーニング

時間が空いたのと、近くまで行く用事があったため、宇都宮市のジャパンカップ開催の聖地、森林公園・古賀志山にロードバイクを持って行ってきました。

今年は、クライマーになれる(正確には、遅い坂が少しでもマシになるように、練習する)ように頑張っているので、今年からなるべく坂や山のある所に行っています。
今回もその一環なのですが、路面は濡れていたり、風も強めですが、凍結はなく、天気も暖かかったので、走るのには問題のない状況です。

まず、ウォーミングアップがてら(?)、古賀志山1㎞の上りました。ジャパンカップのコースでは、その先を下るのですが、落ち葉が絨毯のように敷き詰められていたので戻ってきました。また、JCコース1周では、平坦も長くなり、効率が悪いので、山の往復を選ぶようにしています。

しかし、ここを往復ばかりするのも芸がないので、鶴カントリークラブの周回コースを走ることにしました。ここも坂を結構含んでいますので、上りの練習になります。
去年の宇都宮ロードレースは、右回りだったので、その通りに走りましたが、逆なのかもしれません。

そこを3周くらいして、一回下の田町交差点まで降りてから上り(アップダウンの激しい平坦)ました。1時間くらい走りましたが、どうも、長時間走ろうと思うと、サイクリングペースになってしまいます。心拍数が上がらず、足も疲れないように走ってしまいます。

活を入れるため、古賀志山を一回上りました。これは、ペースを上げて、タイムが上がるように走りました。おかげで走った回数は少ないですが、個人記録は更新できました。最近では珍しいことです。(しかも1年以上前の記録)

激坂では、踏まないと上れないので、いやおうなしに心拍も上がり、太ももに力が入り、強度は上がりますが、8%くらいまでであると、どうも楽をしようとしてしまいます。いわゆる、モチベーションの低下なのでしょうか?

誰かと走れば付いていくなり、ペースを上げようとしますが、最近ではみんな早いので、1周でまったく足が疲れて動かなくなってしまいます。

そんな心配もあり、1周目で思いっきり漕げず、その後も一向にペースが上げられません。自分よりちょっと速い人がいればいいのですが、速すぎる人には付いていくとすぐに終わり、あきらめると一気に差が開いて1人練習になってしまいます。

まぁ、全部自分の甘えなので、自分自身、何とかしようと思います。この冬の間に、やり方を見つけたいと思います。

コメント

',Y.captions&&l){var u=T("figcaption");u.id="baguetteBox-figcaption-"+t,u.innerHTML=l,s.appendChild(u)}n.appendChild(s);var c=T("img");c.onload=function(){var n=document.querySelector("#baguette-img-"+t+" .baguetteBox-spinner");s.removeChild(n),!Y.async&&e&&e()},c.setAttribute("src",r),c.alt=a?a.alt||"":"",Y.titleTag&&l&&(c.title=l),s.appendChild(c),Y.async&&e&&e()}}function b(t){var e=t.href;if(t.dataset){var n=[];for(var o in t.dataset)"at-"!==o.substring(0,3)||isNaN(o.substring(3))||(n[o.replace("at-","")]=t.dataset[o]);for(var i=Object.keys(n).sort(function(t,e){return parseInt(t,10)=1?(M--,y(),C(M),t=!0):Y.animation&&(A.className="bounce-from-left",setTimeout(function(){A.className=""},400),t=!1),Y.onChange&&Y.onChange(M,V.length),t}function y(){var t=100*-M+"%";"fadeIn"===Y.animation?(A.style.opacity=0,setTimeout(function(){j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t,A.style.opacity=1},400)):j.transforms?A.style.transform=A.style.webkitTransform="translate3d("+t+",0,0)":A.style.left=t}function v(){var t=T("div");return"undefined"!=typeof t.style.perspective||"undefined"!=typeof t.style.webkitPerspective}function w(){var t=T("div");return t.innerHTML="","http://www.w3.org/2000/svg"===(t.firstChild&&t.firstChild.namespaceURI)}function k(t){t-M>=Y.preload||m(t+1,function(){k(t+1)})}function C(t){M-t>=Y.preload||m(t-1,function(){C(t-1)})}function x(t,e,n,o){t.addEventListener?t.addEventListener(e,n,o):t.attachEvent("on"+e,function(t){(t=t||window.event).target=t.target||t.srcElement,n(t)})}function E(t,e,n,o){t.removeEventListener?t.removeEventListener(e,n,o):t.detachEvent("on"+e,n)}function B(t){return document.getElementById(t)}function T(t){return document.createElement(t)}var N,A,L,S,P,F='',H='',I='',Y={},q={captions:!0,buttons:"auto",fullScreen:!1,noScrollbars:!1,bodyClass:"baguetteBox-open",titleTag:!1,async:!1,preload:2,animation:"slideIn",afterShow:null,afterHide:null,onChange:null,overlayBackgroundColor:"rgba(0,0,0,.8)"},j={},X=[],M=0,R={},O=!1,z=/.+\.(gif|jpe?g|png|webp)$/i,D={},V=[],U=null,W=function(t){-1!==t.target.id.indexOf("baguette-img")&&g()},G=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,h()},J=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,p()},K=function(t){t.stopPropagation?t.stopPropagation():t.cancelBubble=!0,g()},Q=function(t){R.count++,R.count>1&&(R.multitouch=!0),R.startX=t.changedTouches[0].pageX,R.startY=t.changedTouches[0].pageY},Z=function(t){if(!O&&!R.multitouch){t.preventDefault?t.preventDefault():t.returnValue=!1;var e=t.touches[0]||t.changedTouches[0];e.pageX-R.startX>40?(O=!0,h()):e.pageX-R.startX100&&g()}},$=function(){R.count--,R.count
タイトルとURLをコピーしました