ロードバイクに乗る時、何を飲んでいますか?コンビニで手に入る、夏場の飲み物の種類と効果

アイテム
5
(3)

ロードバイクに乗る人なら、フレームにボトルケージを付けて、ボトルに飲み物を入れて出発すると思います。飲み物は何を入れますか?

冬はそれほど飲みませんが、大量に汗をかく夏などであれば、水分補給は欠かせません。また、有酸素運動はカロリーを多く消費するので、エネルギーの補給として利用したり、運動効率を上げるサプリを摂取したりすることもできます。

意外と人が飲んでいるものは分からないので、私の飲んでいるものや、飲み物の種類によって現れる効果などについて、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

シンプルに水。当然飲めば、水分が補給されます。水分以外には、何も成分がありません。
利点は、水分補給以外に、暑いときに体にかけてもべたつかず、体温を下げることができます。けがした時には、傷を洗うこともできます。(ジュースでも洗えますが、べたつきます)ボトルに入れても、ボトルを洗い忘れた時にカビが生えづらいです。(ジュース類は、すぐにカビが生えます)

欠点は、スポーツドリンクのように吸収が良くないため、胃腸に溜まります。(私はスポーツドリンクやコーラは、500mlを一気に飲みますが、水はお腹に溜まって重く感じます
カロリーが無いので、補給になりませんが、夏はボトル1本は水にしておくと、何かと便利です。氷にしておいたり、氷を買って入れると、しばらく冷たい水が得られます。
公園などで水は手に入りますが、コンビニで2Lの水は100円で売っていますので、シェアしたり、体にかけたりするのに便利です。

スポーツドリンク

吸収が早いため、一度にたくさん飲んでも胃腸にたまりづらく、運動の邪魔になりづらいです。
ナトリウム、カリウムなど、汗で失われるミネラルが含まれています。細菌が消滅するというデータもあります。カロリーも取れる優れものです。(運動しない人には、余分なカロリーかも)
一番の利点は、コンビニや自動販売機で簡単に手に入るということです。夏場で何回も吸水する場合は、スポーツ用品店で粉を買って、水に溶かしてなどとやるのは、結構手間ですから。

私は、ポカリスエットを常用しています。アクエリアスより濃いのが良いです。また、どこでも手に入り、価格が安いです。常用することで、体調を管理しやすくなります。(効果の強い物やいつもと違うものを飲むと、お腹が痛くなったり、体調を崩す可能性があります)
アミノバイタルのスポーツドリンクは、運動能力アップの効き目があるように感じます。BCAA2000ml入っていますし、ドラッグストアなどで、80円程度で売っていることもあります。昔は車で箱買いしていたのですが、今は車が無いので大量に仕入れ出来ないので、ときどきしか買っていません。

アクエリアスは、コンビニでは凍らせて売っています。背中に入れて溶かしながら飲んでいると、体を冷やしてくれて、1時間程度は冷たく飲めます。一気に飲めないのも体に良いのかもしれません。

コーラ(炭酸飲料)

みんな大好きコーラ。疲れた時のリフレッシュに最適。なぜか疲れや息苦しさを緩和してくれます。プロもレース中やレース後によく飲んでいます。
ペプシの効果は不明です。

コーラはカフェインが入っています。私はカフェインの効果は微妙なのですが、多少効いていているかもしれません。
どちらかというと、炭酸である為、気分的に苦しさを紛らわせるのではないかと思っています。

また、カロリーも高いため、エネルギーの補給にもなります。(私は味的に、コカコーラゼロが好き)
普通のジュースでもカロリー補給が出来るのですが、甘くて口の中が気持ち悪くなる気もします。コーラはリン酸が入っており、これが味覚を抑える働きがあるようで、このため甘さをあまり感じずに、高カロリーを一気に体に流し込み、血糖値を急激に上昇させることが出来るようです。

コーヒー

カフェイン補給に使えます。私はカフェインはコーラや錠剤で取っても、あまり効果を感じません。しかし、コーヒーを飲むと、動悸、利尿作用が実感できますので、カフェイン以外のコーヒーの成分が効いているのではないか?と思っています。ちなみに、コーヒーを飲んでも、眠気が覚めたことがありません。

コーヒーの効果を実感できるのは、消化を助けることだと思っています。食べ過ぎたなというときでも、コーヒーを飲むとスッキリします。逆にあまり食べていない時にコーヒーを飲むと、お腹が異常に空きます。
ライド中もいつまでもお腹に食べたものが残っていると、気持ち悪くなったり、血液が胃に行って眠くなったり、足が動かしづらかったりしますので、コーヒーは結構飲みます。
朝起きたときに飲むと、排便の促進になるので、カフェオレなんかを飲んでいます。

モンスター(エナジードリンク)

かなり種類が増えてきたエナジードリンクですが、レッドブルは効果を感じません。モンスターは効果を感じます。他に効果を感じられるのは、リポビタンDだけです。人それぞれかと思います。
一時的~数時間ですが、眠気が無くなり、疲れを感じさせず、ガンガン行けます。ただし、翌日リバウンドが来ます。疲れがどっと出ます。パワーの前借ですね。

私の周りでは、レース前に入れている人が多いです。私もレース前に飲んでいます。それ以外は、ロングライドで疲れたり、ここ一発欲しい時に飲みます。疲れて運転して帰る時にも使えます。

栄養ドリンク

ローヤルゼリーなどが入っている、炭酸系飲料。意外とガチ系ローディは、リアルゴールドなどを練習後に飲んでいます。
いろいろな成分が入っていますが、まず糖質を取ることで、動くためのエネルギーになります。ジェル系の一番の目的も、糖質を取ることです。

私はアルギニンが入っているものを好みます。ドデカミンは効果があります。アルギニンは錠剤でも効果がありました。モンスターにもアルギニンは入っています。

いわゆるジュース

甘い系の飲み物、炭酸、フルーツジュース等は、エネルギー補給に最適です。暑くて食欲がないときでもハンガーノックを回避できます。(但し、なるべく固形から取りましょう)
運動していない時は、カロリーが気になってそんなに飲みませんが、エネルギーが必要なライド中は、ここぞとばかり飲みます。スポドリや水、コーヒーなどに飽きてくるので、味変というのもあります。ただ、甘くて大量には飲めないですね。

水系ではソルティライチ、ダカラ。クエン酸系などのレモン飲料。デザートとして、甘くて炭酸の効いたクリームソーダ、濃くないカフェオレ飲料を好んでいます。

まとめ

夏は3~4Lほど外で飲みます。それでも帰ってきてからの体重は1~2kgほど減っていますので、さらに飲みます。出かけ中は、500mlのペットボトルであれば、水2~3本、スポドリ2本、コーラ1本、コーヒー1本、他ジュースを飲むことになります。
今は冷たい飲み物が自動販売機やコンビニで簡単に手に入るので、重たいものを持ち運ぶ必要はありません。ただ、だいたい売られている種類は決まっています。あまり珍しいものばかり飲んでいると、体に合う合わないもあるので、決まったものを飲むのも体調の管理に役立ちます。

私の今現在の運用方法は、ボトル1本が水です。そして凍ったスポーツドリンクをバックポケットに入れます。そして、コンビニや自販機で止まった時にコーヒーやコーラを飲みます。
レースではないので、走りながら飲む必要はありません。ちゃんと止まれば、ペットボトルの蓋を外して飲むことは出来るので、わざわざボトル2つにする必要はないかと思っています。また、ボトルに糖質の入った飲み物を入れると、洗うのがめんどくさい(カビが生えやすい)ので、極力水だけにしたいのです。

こだわりのある人は、粉飴を入れたり、スポーツ専用のサプリを入れて、熱中症防止や足つり防止に気を配っています。そういうものは効果を感じることが難しかったり、値段も高いですね。私は効果を感じられれば使用しますが、人それぞれなので、自分の体に合ったものを見つけてみてください。

Amazonで「スポーツドリンク」を探す

「一生懸命趣味しよう」のオリジナルページはこちら

このブログは役に立ちましたか?

星で評価してね!

平均評価 5 / 5. 投票数: 3

投票なし

コメント

タイトルとURLをコピーしました